全快整体院ナベジュンには、
自律神経失調症では?とお悩みの方や、抗うつ剤や抗不安剤を服用中の方/止めたばかりの方など、体調に不安を感じている方がよく来院されます。

自律神経失調症とは、不規則な生活や習慣や心的トラウマなどによって自律神経のバランスが乱れるために起こる様々な身体の不調のことです。
内臓や器官の病変によるものではないので、一般の病院で検査をしても「異状なし」。

検査上は異状なしと診断され、症状の原因がよくわからないがために不安であることと思います。通常は心療内科で「自律神経失調症」と診断されることが多いでしょう。

また、病院には行っていないものの、何かの本やサイトで自己診断している方もよく当院にいらっしゃいます。 当院の整体は自律神経(主に副交感神経)に働きかけリラックスしていただける施術であるため、来院される方の多くに満足いただいております。


このページは自律神経失調症の目次ページです。

自律神経失調症の意味とは
自律神経失調症の原因とは
自律神経失調症の主な症状
自律神経失調症の治し方

順にお読みくださってもいいですし、気になるところから読み始めるのも良いと思います。



あなたにはこのような症状が出ていませんか?


頭     ...頭痛、頭重感
耳     ...耳鳴り、耳の閉塞感
口     ...口の乾き、口中の痛み、味覚異常
目     ...疲れ目、なみだ目、目が開かない、目の乾き
のど    ...のどの異物感、のどの圧迫感、のどがつまる
心臓・血管系...動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動
呼吸器   ...息苦しい、息がつまる、息ができない、酸欠感、息切れ
消化器1  ...食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り
消化器2  ...腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる
手     ...手のしびれ、手の痛み、手の冷え
足     ...足のしびれ、足のひえ、足の痛み、足がふらつく
皮膚    ...多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ
泌尿器   ...頻尿、尿が出にくい、残尿感
生殖器   ...インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ
筋肉・関節 ...肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない
全身症状  ...倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい
精神症状  ...不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

などがあります。


★自律神経失調症と関係の深い病気

以下のような病気は自律神経失調症の一種もしくは仲間ともいえます。

心臓神経症、不整脈、起立失調症候群、起立性調節障害
過呼吸症候群、気管支ぜんそく、
過敏性大腸症候群、胆道ジスキネジー、神経症嘔吐症、反復性臍疝痛、神経性下痢
偏頭痛、緊張性頭痛
めまい、メニエール病、乗り物酔い、咽喉頭異常感症
口内異常感症、舌痛症、顎関節症
円形脱毛症、発汗異常、慢性じんましん
膀胱神経症、夜尿症、心因性排尿障害
更年期障害

よく自律神経失調症と間違われる症状としては橋本病、バセドウ病などがあります。

自律神経とは


意識とは関係なしに生命活動を支えてくれる大切なシステムです。
様々な症状は自律神経のバランスが崩れたことから起きると言われています。

自律神経はご存じのとおり、交感神経と副交感神経に大別されます。

血管や内臓の機能をコントロールする神経であり、交感神経はアクティブ状態、副交感神経はリラックス状態を作り出します。

私たちはこの二つの神経がきれいに切り替わって動いているように思うかもしれませんが、実は交感神経も副交感神経も両方高いレベルで活動している状態が一番体がよい状態なのです。

どちらかがやや優位、というぐらいが理想なのです。

どちらかに偏りすぎてもダメ。

副交感神経レベルが高過ぎて交感神経レベルが低過ぎるとうつ病の傾向があります。

逆ですと、病気になりやすい状態。

どちらも低いと疲れやすくヤル気が出ない状態なのです。

ですから、自律神経のバランスをコントロールすることが出来れば、生涯健康で生きることが出来る可能性がとても高まります。

不調を感じてる人はゆっくり生きること。

副交感神経レベルに男女差があった!


男性は30歳あたりになると急激に体力の衰えを感じますが、女性は40歳あたりに体力の衰えを感じる方が多くいます。その理由とは体力の衰えを感じる時期に副交感神経レベルの極端な低下があったのです。

それがそのまま、男女の平均寿命に現れていると考えられます。

副交感神経が低下するイコール血管の老化、免疫力の低下となり、病気になりやすくなってしまうのです。

自律神経のバランスは副交感神経の上下に左右されています。

ですから、副交感神経を意識的にコントロールすることが体の潜在能力を引き出すとともに健康でいるために非常に大事なことといえます。

自律神経のバランスが良い人は見た目も身体の中身も若いのです。

自律神経の働きは10年で15%ずつ低下していくため、意識的に副交感神経をコントロールしていくことが大事なのです。

自律神経失調症とは | 仙台・長町の全快整体院ナベジュン