坐骨神経痛とは臀部から大腿後面にかけて鋭い痛みを感じる症状のことで病名ではありません。臀部から大腿部、足が痺れたり、痛みを感じます。かかとや足の裏まで痛みがある場合があります。

坐骨神経痛の原因のひとつとして若い方によく見られるのは腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群があります。
ヘルニアの場合は坐骨神経痛が急激に発症し、仰向けの状態で下肢を伸展挙上すると痛みが強くなるのが特徴です。
梨状筋症候群が原因の場合は、下肢の伸展挙上をしても痛みが出ることが少ないです。梨状筋というお尻の筋肉と筋肉の間で坐骨神経が圧迫され、さらに仕事や運動でストレスが加わって発症することが多くなります。
また、高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱間狭窄症などの変形疾患に多く見られ、また帯状疱疹により発症する場合もあります。
その他、年齢に関係なく特殊なものとしては、骨盤内腫瘍、脊髄腫瘍が原因になるときがあります。この場合はとても痛みますので、一度病院で詳しくMRI等の検査をしてもらったほうがより安全です。

梨状筋症候群が原因の場合は、数回の整体施術で軽快することが多いですが、ヘルニアが原因と考えられる場合は、組織的な変化が起きている可能性が高く、またヘルニア発症から時間が経過している場合は、そのぶん回復が遅くなることがあります。

坐骨神経痛なら仙台/長町の全快整体院ナベジュンへ