nabejunanan.jpgウェブサイトをご覧の皆さん、初めまして。
全快整体院ナベジュン院長の渡邉淳也です。

← こんなおバカなこともやっちゃう私ですが、一番最初にお伝えしておきたいことは私は「補聴器」をかけているということです。補聴器を装用している私の耳を見て「えっ!?」と驚かれる来院者さまもいらっしゃいますのでここで私のことを説明させてくださいね。


補聴器...それってどうして?

私の場合は 感音性難聴 といい補聴器が無いと日常生活の音はほとんど聞こえないのですが、補聴器をかけることで聞き取れる音の大きさはカバーすることが出来ます。
しかし、音の選択が難しいためにうるさい場所での会話は音が混ざり合った状態のままで聞こえるので相手が何を言っているのかを聞き取るのに苦労します。多少の聞き間違いもあったりします。



実際、来院者さまとの会話は大丈夫?

ご安心ください。院内のように静かな場所で1対1での会話はほぼ大丈夫です。聞き取りにくい部分は口の動きも見て補います。
でもどうしても分からないときや怪しいときはちゃんと聞き返したりしています。
可能であれば少しゆっくり喋ったり、マスクなどを着けている場合は外していただけると幸いです。




それでも私に出来ること

尊敬している先生の勉強会に参加させていただいた時のこと。
先生から私のことを「ナベジュン先生は耳が少し聞こえにくいけれど、その分感覚が鋭いよね」と評していただきました。「屈託のない笑顔とアホすぎるほどに素直で正直な性格」とも。笑

私は生まれつき耳が聞こえにくいですが、今はそれに感謝し毎日を楽しんでいます。一人一人のあらゆる問題はその人を成長させるためのもの、この世での使命に気付かせるものだと私は思います。



私の履歴書

私の幼少時は実母が病気のため里親に預けられていました。里親は私のことを全力で守ってくれました。会話ができるようにと言葉を教えてくれ、勉強を教えてくれ、いろいろな習い事もさせてくれました。(フィギュアスケートを習っていたこともあります笑)里母は知的障害者が集まって余暇活動をするサークルを主催しており、私も参加して知的障害者と一緒に遊んだりしていましたので障害をもっている方にあまり抵抗はありません。里母は亡くなってしまいましたが、今でも里親にも感謝と尊敬でいっぱいです。

中学生になってからは耳が聞こえにくいことに劣等感を持ち始め、周囲に上手く溶け込むのに苦労しました。高校入学時には里親から離れて実家に戻ったのですが、家庭環境も学校環境も一変したことの不安感からパニック発作をおこし、保健室登校が多くなってきました。中学校では優等生だったのに高校では勉強を頑張れない...

自分って何なんだろう...
どうして耳が聞こえにくいんだろう...(聞こえにくくて嫌だな)

心配してくれた高校の恩師が美術部に誘ってくれました。
美術部では油絵やデッサンを毎日やり、自己表現に没頭していました。
今思うときっと人生で一番楽しい場所であり仲間だったかもしれません。

自分がワクワクすることを選択してそれを楽しむ。

それは今でも気付いた時には実行するようにしています。
今でも続けているバスケもそうです。良いと思ったことはやる。違うと思うことは出来ればやらない。
そうして自分の気持ちを大事にして生きていくことはとても大事です。

中途半端にやめてしまった理由はそれを選択する時にきちんと決意ができていなかったから。私もここまでにいろいろなことを経験し、今でも続いているものもあれば、志半ばにしてやめてしまったこともたくさんあります。でも今思うと、きちんと今に結びついていることばかりなんです。私の人生って不思議だなって思います。

家具・ホームページ・デザイン・プログラミング・バスケットボール・写真・リハビリ...
が全て今の整体の仕事に結びついています。そして耳の聞こえにくさがあったからこそ、人とのコミュニケーションを取ることの大切さ、独りぼっちの辛さや強さ、マイナスをプラスに捉える力を現在の仕事に活かせているのではないかと思います。

1人でも多くの人が自分らしく楽に生きられることのお手伝いを精一杯にしたいと思っています。

どうぞ、ナベジュンをよろしくお願いいたします。



10917873.jpg

◎仙台青葉学院短期大学のリハビリテーション学科で理学療法学を1年次(基礎)専攻。
◎仙台操体医学院操体師養成コースを修了。
◎日本回復整体総合学院の標準アプローチ法を修了。
◎独自の整体メソッド「ナベジュン式操体法」開発・展開。
多次元操体講習会に定期参加中。
身体呼吸療法勉強会に定期参加中。
◎バスケットボールクラブ「宮城クローバーズ」代表。
(NHKドキュメンタリー番組にも30分取り上げて頂きました)



趣味
バスケ・写真・ウェブサイト作成など。
これからはアウトドア系の趣味をもっと増やしたいので、ボルタリング、ハイキング、クライミングなどに挑戦したいです!
これらの趣味のお持ちの方、ぜひいろいろお話を聞かせて下さいね。

院長のナベジュンについて